飛魚

中島裕翔くんのファンです

二歳の息子がJUMP担

仕事と育児の両立に疲れ、癒しを求めてJUMPの歌い踊る映像を再生したら、たった一度で我が子がJUMPに落ちました。
このブログで言及したことはありませんでしたが、わたくし東西歌合戦の頃に結婚し、「デート〜恋とはどんなものかしら〜」の頃に出産して、ただいま二歳の息子がいます。

育児休暇も明けて仕事を再開してからは毎日慌ただしくて余裕もなく、プロレスに熱中していたこともあってJUMPから遠ざかっていたので、一緒にJUMPを見たのは初めてだったかもしれません。とにかく疲れて心が荒んでいて、とびっきり上等に可愛くてキラキラしていて最高なものを求めて「Chau#」を再生したんですよね。そしたら子供の食いつきが半端じゃなくて。生まれてからパンダの子供以外「かわいい」と言ったことのない子だったのに、「へーせーじゃんぷ、かーいーねぇ」と言うのですごく驚きました。歌って踊るのが見たいのかな?と他グループのも見せてみると「これ、へーせーじゃんぷ?」「へーせーじゃんぷ、いい」と言うのでハッキリJUMPが好きみたいです。それから毎日毎日JUMPの映像を見て、今となっては、お迎えに行った保育園の昇降口で靴を履きながら「まずは〜、れでぃごー」とリクエストをしてくる始末。そんな「とりあえずビール」みたいな言い方する二歳児イヤ…
寝る前にも「れでぃごーーー、れじーご、ご、ご、」と歌い出しては勘違いした父親が「Let It Go」を歌いだすので「ちだうぅ💢(違う)」と怒っています。
ウィークエンダーは「えんだー」、Chau#は「ちゃう」、Beat Lineは「どんどんどっちば」です。千葉。

知念くんが映ると「だ〜れ?」「だ〜れ?」と頻りに尋ねてくるので、知念くんが一番好きみたいです。次席は山田くんと裕翔くんが半々くらいですかね。最近の曲だとFantasticTimeは怖くなっちゃうみたいでしたが、Give Me Loveはちょっと好きみたいでした。

出産オカルトのひとつに「赤ちゃんは、ママが望んだ日に生まれてくる❤️」というのがあって、「パパに立ち会ってもらいたいから土日に生まれてきて!」とか、「年末年始は特別料金がかかるからまだお腹にいて!」とかお腹の赤ちゃんに話しかけるとその通りの日に生まれてくるらしいんですね。わたしはそういう希望は特に無かったんですが、「デート」は欠かさず見たいかなとぼんやり思っていたら、月曜の朝破水→入院→病室「デート」→「デート」の次回予告が終わってからだんだんと陣痛が!というオカルトミラクルが起きました。すごい。
実際に産むまで本当に自分が母親になれるのか、上手に産めるのか、陣痛が怖いとか色々不安だらけで怯えてばかりでした。でもこのタイミングのよさに、お腹の赤ちゃんはわたしを苦しめるものじゃなくて、もしかしてちゃんと味方なのかなって前向きになれたんですよね。

この子の生後0日、出産したその日は「明日へのエール」を聴きました。
「やる前からダメだって 決めつけてるだけで ほら やれないわけじゃない」
あの日ものすごく心にしみて、これからの勇気をもらえたこの歌を、あの日産んだ子供が「おーおーおーおーおー おーおーおーおーおぉ」と、まあイントロしか歌えないんですけど、口ずさんでいるのが本当に不思議で嬉しいです。これからも素敵な歌を歌い続けてください。10周年おめでとうございます。